学術大会開催概要
Overview

1.名称

第31回福岡県理学療法士学会

2.会期

2022年2月13日(日) オンラインを含めたハイブリット開催を予定 WEB開催

※このたび、COVID-19の感染状況を鑑みて、開催方法をwebのみで開催することが決定いたしました

3.開催趣旨

理学療法の再考

九州栄養福祉大学
河上淳一

第31回福岡県理学療法士学会を開催し、大会長を務めさせて頂くことを大変光栄に思います。

大会のタイトルは「理学療法の再考」を掲げさせていただきました。2019年11月に確認された新型コロナウイルス感染症(COVID-19)は、私達の生活だけでなく、理学療法や研究活動にも大きな影響をもたらしました。現時点(令和3年2月)では、東京オリンピックさえ開催が危ぶまれている状況です。したがって、本学会開催に関しても、対面開催や遠方から講師が来福することが不透明な状況です。現在の情勢を鑑み、本学会は多くの講師選定を福岡県内から選定し、「All Fukuokaで福岡の繋がりを意識した学会」にしたいと考えています。また、今回だからこそ取り組むべき企画も用意しています。

1つ目は「知識の使い方(研究の臨床応用)」に関する企画です。先進的研究やエビデンスレベルの高い研究は重要です。しかし、「得られた知識」「使える知恵」に変換できなければ対象者の変化を促すことはできません。講師には、「研究で得られた知識」「臨床に活かす知恵」に変換する方法を教授するように依頼します。参加者の皆様には、ご講演を参考に「知識の使い方の再考」を行う機会にしていただきたいと考えています。

2つ目は、「症例報告」に関する企画です。症例報告は、「論文の原点」といわれ、「研究の入り口」です。しかし、素材がシンプルであるために難しくもあります。そこで、本学会では、症例報告の実践例や実践方法に関するご講演を頂く予定です。COVID-19により理学療法が発展できないのではなく、COVID-19があったからこそ、「1例1例を大切にした理学療法研究」である、「症例報告を再考」し、理学療法を発展させて頂きたいと考えています。さらに、第31回の本学会の演題募集は「症例報告を積極的に募集」したいと考えています。是非、新人の方だけでなく、中堅からベテランの方々が後輩の見本となるような発表をお願いしたいと考えています。その他の研究に関しても、これまで通り演題を募集させていただきますので、積極的な登録をお願い致します。

各会員の皆様が理学療法を再考し、更なる飛躍に繋がる学会にしたいと考えています。また、All Fukuokaで福岡が繋がることを祈念し、会長挨拶とさせていただきます。

学術大会開催概要
Overview

1.名称

第31回福岡県理学療法士学会

2.会期

2022年2月13日(日) オンラインを含めたハイブリット開催を予定 WEB開催

※このたび、COVID-19の感染状況を鑑みて、開催方法をwebのみで開催することが決定いたしました

3.開催趣旨

理学療法の再考

九州栄養福祉大学
河上淳一

第31回福岡県理学療法士学会を開催し、大会長を務めさせて頂くことを大変光栄に思います。

大会のタイトルは「理学療法の再考」を掲げさせていただきました。2019年11月に確認された新型コロナウイルス感染症(COVID-19)は、私達の生活だけでなく、理学療法や研究活動にも大きな影響をもたらしました。現時点(令和3年2月)では、東京オリンピックさえ開催が危ぶまれている状況です。したがって、本学会開催に関しても、対面開催や遠方から講師が来福することが不透明な状況です。現在の情勢を鑑み、本学会は多くの講師選定を福岡県内から選定し、「All Fukuokaで福岡の繋がりを意識した学会」にしたいと考えています。また、今回だからこそ取り組むべき企画も用意しています。

1つ目は「知識の使い方(研究の臨床応用)」に関する企画です。先進的研究やエビデンスレベルの高い研究は重要です。しかし、「得られた知識」「使える知恵」に変換できなければ対象者の変化を促すことはできません。講師には、「研究で得られた知識」「臨床に活かす知恵」に変換する方法を教授するように依頼します。参加者の皆様には、ご講演を参考に「知識の使い方の再考」を行う機会にしていただきたいと考えています。

2つ目は、「症例報告」に関する企画です。症例報告は、「論文の原点」といわれ、「研究の入り口」です。しかし、素材がシンプルであるために難しくもあります。そこで、本学会では、症例報告の実践例や実践方法に関するご講演を頂く予定です。COVID-19により理学療法が発展できないのではなく、COVID-19があったからこそ、「1例1例を大切にした理学療法研究」である、「症例報告を再考」し、理学療法を発展させて頂きたいと考えています。さらに、第31回の本学会の演題募集は「症例報告を積極的に募集」したいと考えています。是非、新人の方だけでなく、中堅からベテランの方々が後輩の見本となるような発表をお願いしたいと考えています。その他の研究に関しても、これまで通り演題を募集させていただきますので、積極的な登録をお願い致します。

各会員の皆様が理学療法を再考し、更なる飛躍に繋がる学会にしたいと考えています。また、All Fukuokaで福岡が繋がることを祈念し、会長挨拶とさせていただきます。